・2018年10月12日

・2018年4月2日

・2016年4月1日

・2015年8月23日

・2015年7月19日

・2015年4月19日

・2014年7月31日

・2013年7月18日

・2013年4月21日

・2012年7月21日

・2012年7月2日

・2012年4月2日

・2011年9月15日

・2011年5月21日

桐生整形外科病院
桐生整形クリニック
幸の杜



第29回全日本トライアスロン宮古島大会に参加して

 2013年4月21日、宮古島トライアスロン大会に参加しました。今年は競技中、風速7 m前後の強風が吹き荒れたため、大会初のスイム中止、デュアスロンとなってしまいました(スイム3 kmが1stラン6.5 kmに変更)。宮古島の青い透明な海を泳げなかったのは残念でしたが、まずは1stランで身体を温めつつ、バイク155 kmへと移ります。宮古島のバイクは平坦な道が多く、青い海を眺めながらの楽しい時間(?)が多いのですが、今回は曇り空で海の青さがくすんでいたこと、更に強風のためバイクが進まないことにより、全くの「拷問」状態でした。1周目はどうにか平均時速30〜32 km/hで進めたのですが、2周目は悲しくなるほど平均スピードが落ち、脚がパンパンになるほど疲れ果てた状態で最後のフルマラソンに移りました。最後のランですが、はじめの3 kmはバイクのダメージを感じましたが、その後何故か脚が前に進むようになり、今までとは全く違う感覚でペースアップ、それが最後まで続くという奇跡(?)に遭遇し、なんとトライスロン初の「サブ4」を達成することができました!総合成績もどうにか100番台でゴールすることができましたので、結果として小生の現在の能力としては出来過ぎなぐらいでした。ところで、このような境地(?)に達すると、上位に君臨する強豪アスリート達の背中が気になってしまい、さらに精進を重ねたい気持ちがふつふつと湧き上がってきます。しかし、仕事、学究、趣味とマゾ度がどんどん増していく一方で、どうにもならなくなっているのが気になりますが...。

強風の中での辛かったバイクパート.


かつて無いほど「キレて」いたランパート.


(お決まりの)家族一緒のフィニッシュシーン.